上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日新人がまたチョンボをかましてくれた。

私「同じ間違いを繰り返すのはよーないな。」

新人「はい、すいません。」

私「うん、ちょっと待てよ?これってもう(FAX)送ってもうたん?」

新人「(平然と)はい」

私「お前なあ、俺の承認なしに勝手にFAX送るなって何べんもいうてるやろ。」

新人「(ようやくことの重大さに気付いてうろたえて)あ~」

しょうがないので、尻拭きを先に済まして、

私「同じ間違い何べんやったら気ぃすむねん。」

新人「は、はいすいません。」(あまり反省していないように見えた⇒スイッチが入った)

私「ほんまにもう、わしに恨みでもあるんか?」

新人「(即答で)ありません!!」

私「(半笑いで)うそついたらあかんわ。」

新人「(逆切れ気味に)じゃあなんて答えたらいいんですかぁ!」

私「う~ん、そうやねぇ『ちょっと』とか」(親指と人差し指を少し離すポーズつきで)

新人「あっ。。。」

私「はなもういっぺんいこか?」

新人「えっ!?」

私「(ちょっと声張って)わしになんか恨みでもあるんか!」

新人「ちょ、ちょっと(上目づかい&↑のポーズで)」

私「(激怒したふりして)なんやとごるあー!

新人「や、約束と違うじゃないですかぁ!」

私「何の話や?あー」

新人「う~」←こういうのをぐうの音も出ないっていうんやろな(笑)

私「あーおもろかった、もう行ってええで」

このぼけいつか絶対刺したると決意を新たにして新人はその場を去っていった。

同じ間違い繰り返せへんかったら怒られることも、おちょくられることもないねんけどな。

果たして新人の涙腺はゆるむのだろうか?

あっ!しまった。やつの現在の涙腺のゆるみ具合確認しとくの忘れた。まあええか?

この話はフィクションです。
スポンサーサイト
2007.09.17 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/10-b3ba453e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。