上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
両陛下訪問の案内状で入力ミス=悪天候を「悪天皇」、職員処分-秋田県

記事によると悪天候と入れるつもりが悪天皇となったらしい。

悪天候は一発で変換できるけどまちがえてakutennnouと入れても一発で変換はできない。

ひらがな入力でも「の」=k、「こ」=bなのでミスの可能性ってあるんかな?

普通文章って書いたら最低でも一回は読み直しますよね?

細かいミスは見落とすこともあるけど、漢字のミスでこんなに大きいのを見落とすかな?

かと言って悪意を持ってこんなこと書くとも思えない。
(悪意があったとしたらかなり危険な匂いが。。。)

もう一点。
このような案内状に「悪天候」という言葉を使うだろうか?
普通なら「天候の影響で」とか極力否定的な漢字を使わないように文章を校正するはず。

これらの疑問点からこのミスをした職員の人物像を妄想してみる。
・普通では考えにくいミスをする=ミスが多い、思いこみが激しい
・書いた文章を読み返さない=確認をしない、不注意
・上司の承認を得ずに行動する(記事より)=勝手な行動をする
・案内状に「悪天候」という言葉を用いる=文章力がない、もしかして低学歴?

うっ!思い当たる節が。。。

そう私に恨みのある者の犯行

犯人は新人!お前やろ!(笑)

まあそれはないとしても、この職員は新人と同じ匂いがします。
55歳で人事課の班長(記事より、一般の会社では主任ぐらいかな?)ってことは出世街道からは完全に外れている。

ミスが多くて不注意、しかも勝手な行動をする。

そら出世できまへんな。

つうか新人くんよ、君の出世はなくなったな(笑)
スポンサーサイト
2007.09.19 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/11-0cf2094c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。