上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以下ニュース本文

麒麟 田村、FBI超能力で父親と14年ぶりに奇跡の再会
 
 漫才コンビ麒麟 の田村裕が、25日(火)放送された日本テレビの番組『FBI超能力捜査官』で、中学2年の頃から生き別れとなっていた父と、超能力を使った調査によって14年ぶりに涙の再会を果たした。

 この番組は、事件解決率80%といわれるFBI超能力調査官が、バージニア州の自宅から氏名、生年月日だけを頼りに遠隔透視して、田村の父親を探しあてるというもの。田村が父を探してほしいと依頼したことがきっかけで実現した。

 田村が中学2年生のときに自宅が差し押さえとなった。「ご覧のとおり家には居られなくなりました。残念ですが、それぞれがんばって強く生きてください。解散!」と言い残した父は姿を消し、それから現在まで生死さえもわからなかったという。芸人となった田村がしばしばメディアでも語っていたエピソードだ。作り話ではないところが話題を呼んでいた。

 突然の息子達の訪問に、父は戸惑いながらも、「元気やったんか? ごめんな」と謝罪。田村が「テレビで漫才見ててくれてたか?」と聞くと、「あっ、やっぱり! テレビでよう似てるやつがいるな思って、見てたんや」と現在の活躍を見届けていたことを告白。

 父と再会を果たした田村は「奇跡としか言いようがないです。これからはできる限りの親孝行をしたいと思います」と、涙目で喜びを語った。


本文以上

↑ということだ。この放送を見ていてもらい泣きしちゃった。

バラエティで涙するのなんてあまり記憶にない。

泣きながらふと思ったのだが、父親の家を見つけたスタッフは超能力者の情報を参考にしていたが、超能力者が指定した地点から10kmも離れた場所で発見していた。

過去の番組になるが、生き別れの家族を探す番組はいろいろあった。

そういう番組のスタッフが本気で探せば、本名と年齢は分かっていた、探し出すのはそんなに難しくなかったのではないだろうか?

つまり超能力者の力を借りずとも、発見は可能だったのではなかろうか?ということである。

そういう番組のスタッフが本気を出して見つけられない人はそうはいない。

超能力者はヒントではなく「スタッフが本気を出すきっかけ」を作ったに過ぎないのでは。。。

このニュースをナナメから見てみました。

ちなみにニュース本文をコピペしたのは、リンク切れ対策です。

youtubeにアップされていました。
スポンサーサイト
2007.09.26 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/15-487b179a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。