上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以下本文

優勝はアジアン 新世代漫才アワード
2007年9月29日 19時08分

 若手漫才師が実力を競う第5回「MBS新世代漫才アワード」(毎日放送主催)の決勝大会が29日、大阪市内で開かれ、アジアンが優勝した。賞金は100万円。

 アジアンは堺市出身の馬場園梓さん(26)と、兵庫県伊丹市出身の隅田美保さん(31)が2002年に結成した女性コンビ。所属は吉本興業。馬場園さんは「賞金でお母さんに車を買ってあげたい」と喜びで涙ぐんだ。

 優勝者は審査員をする高校生1000人が投票で決めた。漫才師179組が予選に参加し、12組が決勝に出場した。



本文以上

この番組は録画して見たのだが審査員が高校生でそのほとんどが女子だった。

で、俺の審査結果では
一回戦 アジアンの勝ちでもええかな?
二回戦 どう贔屓目に見てもアジアンの負け
決勝戦 完全にアジアンの負け

だった。二回戦でアジアンが勝ったとき感じたのは、
「あーなんか会場味方にしたな。」

で、決勝では「矢野・兵藤」の勝ちやと思ったけど、
「多分アジアン選ばれるやろな。。。」

と思っていたらやっぱりそうなった。

アジアンは嫌いではないが、賞獲れるほどの実力はないと思う。

実力がないのに賞を獲ると、
1、賞の重みに潰れる
2、↑のプレッシャーに耐えて大成する
3、賞が小さかったので小さくまとまる

多分、3になると思う。

3になって、最終的には隅田が引退して馬場園がピンでそこそこ売れる(関西ローカルで)

10年後ぐらいにNHK教育のマイナーな番組でレギュラー出演している馬場園を見つけて、
「あ~こんなやつおったな」

信じるか信じないかはあなた次第。
スポンサーサイト
2007.09.30 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/21-b0d060ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。