上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以下本文

舛添厚労相「小人の戯れ言に付き合う暇ない」 市長からの抗議文に
2007.10.2 13:48

 舛添要一厚生労働相は2日の記者会見で、年金保険料の横領・着服問題をめぐる舛添氏の「市町村は信用ならない」との発言に対し、一部の市長が抗議していることについて、「私に対して言うよりも、不正を働いたところの首長に言いなさいということだ。小人のざれ言に付き合う暇があったら、もっと大事なことをやらなければいけない」と反論した。

 舛添氏は9月29日に都内で記者団に対し「銀行は信用できるが、社会保険庁は信用ならない。市町村はもっと信用ならない」などと語った。これに対し、鳥取県倉吉市の長谷川稔市長や東京都武蔵野市の邑上守正市長が、不用意な発言が年金行政全体の不信感をさらに招きかねないなどとして、厚労相に抗議していた


本文以上

個人的には舛添さんの勝ちに一票。

社保庁よりも市町村のほうが信用ならないというのは、ある意味正解。

しかし、それに文句をつけた市長を「小人」呼ばわりは、含みを持たせていることを考慮しても言いすぎである。

小人の言い分は(←肯定してるがなw)
「現場でちゃんとやってる職員の気持ちを考えると抗議せざるを得ない」

みたいのがあった。

確かにそういう職員もいるだろう。私も先日個人的に市役所に書類を取りにいったとき、そういう職員が対応してくれた。

しかし、12時57分に窓口に座っている職員を見つけたので、話かけると、
「1時までは休憩です。」

と言って、取り合わない職員がいることも事実、っていうかこういう人のほうが圧倒的に多い。こんな人が毎月30時間残業つけてたりする。

ちなみにこういう人は5時に仕事を終わるのではなく、5時に事務所を出発する。これを一般の会社では定時ダッシュといい、よっぽどの用事がある時だけ許される技である。逆に定時ダッシュしている人を見ると「あぁ、なんか用事があるんだな」と思う。

文句を言ってきた小人の役所内の人口分布を調査してみたい気分だ。

フツー、言いがかりをつけられたら、足元を確認する。
「内は大丈夫か?」

とかね。年金関係は大丈夫でも叩かれたら埃の一つや二つは出てくるんちゃう?その埃のことを舛添さんは言っているのだよ<含み

抗議をしてきた市町村では年金横領が無かった(発覚していない)そうだ。
スポンサーサイト
2007.10.04 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/22-d9873f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。