上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以下本文

森公美子用補強に4000万円!
10月8日19時4分配信 スポーツ報知

 オペラ歌手の森公美子(48)が8日、東京・丸の内の帝国劇場で、ミュージカル「イーストウイックの魔女たち」(9日~11月12日)の会見に出席した。陣内孝則(49)演じる魅力的な男・ダリルを、涼風真世(47)、マルシア(38)と女性3人で取り巻くストーリーで、05年7月以来の再演となる。

 推定体重108キロでフライングに挑戦するため、帝劇の屋根が4000万円かけて補強された。「命がけです」と緊張の面持ちで話すと、陣内から「(下で)見ている方も命がけ。落っこちてきたら大変だもの」と突っ込まれていた。


本文以上

少し解説してみる。フライングつまり天井からワイヤーで108kgを吊下げるため天井を強化した。それに4000万かかったということだ。

ところで、108kgというのは本当だろうか?1~2割サバ読んでない?
見た感じ120~130kgぐらいありそうだけどね。

ちなみに、ジェットコースターなどの乗り物は120kgぐらいまで耐えれる設計と聞いたことがある。ということはワイヤーによるフライングの耐荷重ではそれ以下と考えるのが妥当だ。補強が必要という判断になるのも納得がいく。

話は変わるがナイスバディの定義をご存じだろうか?
それは、スリーサイズが上から90-60-90cmというように30cm以上差があることと言われている。

森さんは120-90-120と見事にこの条件をクリアしている。
立派なナイスバディである。
スポンサーサイト
2007.10.09 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/33-a3b8250d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。