上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以下本文

冤罪男性、再審で無罪判決=検察控訴せず確定-女性暴行誤認逮捕・富山地裁支部
10月10日15時31分配信 時事通信

 女性暴行事件で富山県警に誤認逮捕され、実刑判決を受け服役後に無実と判明した柳原浩さん(40)の再審判決公判が10日、富山地裁高岡支部で開かれ、藤田敏裁判長は「被告人が犯人でないことは明らか」と述べ無罪を言い渡した。検察側は控訴しないことを決め、逮捕から5年半かかって柳原さんの無罪が確定した。
 藤田裁判長は、再審公判に提出された大津英一被告(52)=公判中=の調書や、事件現場に残された足跡に関する資料などの証拠から、柳原さんが起訴された2事件について「各犯行の真犯人は大津被告と認められる」と認定した。
 さらに、犯行時刻に柳原さんが自宅で電話をかけていたことを示す通信記録などから、アリバイが成立するとして、犯行を自白した柳原さんの供述調書は「信用性がないことは明らか」とした。

本文以上

うーん、考えさせられる事件ですね。

でもね。実はこれ被告の無知故の冤罪なんですよね。

どういうことかと言うと、逮捕されて取調を受けるときに弁護士を呼ばなかったことが原因だと思います。取調官に「弁護士呼んでくれ」といえばこうはならなかったはずです。

ただ取調の段階で警察は弁護士を呼ぶ権利を被告に説明していないと思われる。

まあ、詳細知らないので全て妄想ですけどね。

知らないかも知れないが、こういう状況に対応して当番弁護士と呼ばれる弁護士が24時間体制で待機しているのである。呼べばいつでも来てくれる。知っておいて損はない。

もし、あなたが身に覚えのない犯罪の容疑者にされたら、とにかく弁護士を呼ぶことです。

身に覚えがある場合も弁護士を呼んで、罪を素直に認めないで司法取引などに持ち込んでもらえる様に弁護士を利用しましょう。は素直に罪を認めて刑に服しましょう。
スポンサーサイト
2007.10.10 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/37-4bdd22e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。