上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

アニメ 制作現場から悲鳴 労働環境改善求め協会設立へ

 休みなしで原画を200枚描いても月数万円、社会保障や退職金もない--。アニメ大国と言われながら、長時間労働と低賃金で人材離れが進むアニメ制作現場の労働環境を改善しようと、アニメーターや演出家が13日、「日本アニメーター・演出協会(JAniCA)」を設立する。アニメ業界でこうした団体ができるのは初めてで、賃金アップや残業代の支給を業界に訴えていく。(毎日新聞)



月数万円ってひどいな。コンビニのバイトのほうがましやね。

アニメの声優がひどい扱いを受けていると聞いたことがあるが、制作側は...

確か、サザエさんの波平さんの声優が何年(10年ぐらい?)か前に年収120万と聞いたことがある。

この原因は、故手塚治虫さんが安いギャラで仕事を請けたことに起因すると宮崎駿さんが言っていた。

しかし、ちょっと前に「アニメの声優さんに会いたい」というコンセプトのスペシャル番組を見たとき、半数以上の声優さんがTV出演を拒否されていた。

理由はイメージを崩したくないなど様々だったが、何故TVに出演して声優の地位向上を訴えないのか理解に苦しんだ。

また、TVに出て過去に演じたキャラを演じれば、場が盛り上がること必至なので、売れっ子になることも可能。売れっ子になって声優の地位向上を訴えれば通ると思う。

ただ、有名な声優さんは皆高齢なので、そういうのに興味がない。

若い声優さん(新ドラえもんの「わさび」さんとか)は是非積極的にTVに出演してほしい。そこでフツーにキャラを演じて場を盛り上げて、客を掴んだら、現状(地位向上)を訴えればいいと思う。

声優さんの地位が向上すればアニメータの方々の地位も向上するはずです。

1アニメファンとしてここに記す。
スポンサーサイト
2007.10.14 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://naname33.blog119.fc2.com/tb.php/41-30151949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。